JR札幌病院
〒060-0033 札幌市中央区北3条東1丁目

栄養管理室

特徴・特色

管理栄養士の業務・栄養指導

入院時の食事提供

医師の指示により、患者様の病状に合わせたお食事を提供しております。さらに、必要に応じて、形態、量、嗜好の対応サービスを行なっております。
また、選択食の実施や歳時に合わせて行事食を提供しております。

一般食一般食
治療食治療食
めん献立めん献立
選択食選択食
行事食(開院記念)行事食(開院記念)
行事食(文化の日)行事食(文化の日)

食事提供時間

 

朝食 昼食 夕食
8時 12時 18時

入院患者様の栄養管理

医師、看護師とともに患者様の栄養状態を評価し、栄養管理計画書を作成しております。

入院・外来栄養指導

入院、外来の患者様を対象に、医師の指示のもと、病状に合わせた栄養指導を行なっております。

栄養指導時間

月~金
午前 9時30分~12時  午後 13時~17時 午前 9時30分~12時

※ 栄養指導は医師の指示が必要です。ご希望の方は主治医にご相談ください。

NST(栄養サポートチーム)活動

主治医が、「多職種による栄養治療が必要である」と判断した場合に介入しております。医師、看護師、薬剤師、検査技師、管理栄養士で構成され、患者様の状態に合わせた栄養改善の提案をさせていただいております。

カンファレンス・ラウンド : 週 2回

糖尿病透析予防指導管理料

外来に通院する糖尿病腎症第2期以上の患者様(透析療法を行っている方を除く)を対象に、透析への進展予防を目的に、医師、看護師、管理栄養士等がチームを編成して取り組んでおります。