JR札幌病院
〒060-0033 札幌市中央区北3条東1丁目

中央手術室

特徴・特色

中央手術室は、外科・耳鼻科・整形外科・血管呼吸器外科・歯科口腔外科・婦人科・皮膚科・泌尿器科・眼科の9科の手術を行っています。

病棟3階西側に位置し、手術室は5部屋あり、年間約2000件の手術が行われます。予定手術の他に、夜間・休日の緊急手術にも24時間365日対応しています。

最近は内視鏡下で行われる手術が多くなり、当院も同じ傾向にあります。中でも3D内視鏡システムは、画面に奥行きが出るため緻密な手技の手術に使用されています。

手術には、麻酔医・執刀医・助手医・手術室看護師・臨床工学技士・放射線技師が連携し、多職種が協働しています。患者さんに安全・安楽な手術が提供できるよう、各々の職種がコミュニケーションを図り、チームワークを発揮ながら臨んでいます。

活動・業務内容

  • 麻酔医

術前診察を行い、個々の患者さんに安全で一番適した麻酔方法を選択しています。手術中は、痛みから患者を守り、手術後は病室に訪問して麻酔からの回復状況を確認します。

  • 手術室看護師

手術前日に、手術を受けるイメージが出来るようにパンフレットを用いて説明し、不安の軽減や状態把握を行っています。安全に安楽に手術が進行するよう器械出しと外まわりに業務を分けて動きます。そして、手術後にも安全に手術を受けることができたか病室に訪問し伺うようにしています。

手術件数

 2013年2014年2015年2016年2017年
外科413439461491527
血管呼吸器外科121116168105110
産婦人科416228114111154
整形外科304332251357380
耳鼻咽喉科372406431387357
眼科240135152139146
歯科口腔外科9311010812599
泌尿器科265275228212203
皮膚科110134797881