新採用者看護技術研修 2月22日開催

いよいよ最後の新人看護師研修です。

病棟ではもうスタッフの一員として立派に働いています。今回は看護倫理・医療安全・グループワーク、そして来年度の新規採用看護師のためにカード作りを行いました。

看護倫理は今回2回目となります。なぜ集合教育の場で看護倫理をあえて2回行うかというと、臨床の場では技術的なことは自部署でいくらでも経験することはできますが、倫理観というのはなかなか学ぶ機会がありません。加えて看護倫理=看護師が業務を行う上で守るべき「道徳」「規範」であるので、質の高い看護を提供するうえで必要な研修でもあります。
今回も緩和ケア認定看護師を迎えてグループワークを行いました。

今回は倫理的ジレンマについて話し合うことになりました。事例をもとにグループワークです。臨床倫理の4分割法を活用し、事例を紐解いていきます。

 


グループワーク後はプレゼンテーションです。もし自分が癌で治療に耐えられない身体だったらどうする?それが家族だったら?看護師としての立場、家族としての立場、そしてそれが自分だったら…。お互いの立場になってわかるジレンマ。正解はないですが、このもやもやを感じて話し合うことが大切なんですね。


次に医療安全の研修です。医療事故防止について事例を通して学びました。人間が行うことだからヒューマンエラーはなくならないとは思いますが、なるべくならエラーは最小限にしたいもの。知っていますか?医療事故の根本原因の多くはコミュニケーションに関わるものなんです。日常一緒に業務をしている中でも、なかなか相手に伝えることは難しいということなんですね。


最後のグループワークは「2年目になるにあたって不安なこと、足りないと思っていること」をそれぞれ事前に持ちより、2年目はどんな看護師になりたいかKJ法で考えてみました。ここのグループは「チームの一員として少しでも力になれる2年目ナース」だそうです。少しでもという謙虚な感じが初々しさを感じます。先輩ナースはもう皆さんのことを立派なチームの一員としてみてますよ!

 


本日の〆は来年度の新規採用看護師のためにウェルカムカード作りです。毎年恒例行事となりつつあるこの時間。まだ見ぬ後輩に熱いメッセージをしたためております。白い封筒を渡したはずですが緑色???どれ一つ同じものはないオリジナルカードです。さてこのメッセージカードをもらう人は誰かな?

さてこれで平成30年度新採用者看護技術研修は終了となります。当院では新人研修を始め、院内・院外の研修をレベルに合わせて受けることのできる「継続教育システム」があります。新人研修以外にもクリニカルラダーに基づいたプログラムが用意されていますので、次回はぜひそちらでお会いしましょう!