新採者看護研修⑤ 2/14開催

2020年初にして今年度最後の新採者看護研修です。皆さん夜勤も入り、立派に一人前スタッフとして働いております。入職当初は黒髪+網ネット付きのお団子ヘアが目立ちましたが、この時期になるとそれぞれ個性が出てきます。表情も看護師として凛とした表情に変化してきました。無事成長を遂げていると安堵している今日この頃です。

 

 

本日も看護倫理からスタートです。
今回も緩和ケア認定看護師をお招きして、倫理的ジレンマについてグループワークを通じて事例検討を行いました。実は今回の事例、緩和ケア認定看護師の実際の体験談なんです。価値観の多様性もあり、「絶対これ!」という正解はないですが、グループワークを通じて医療者の視点、患者家族の視点ということを客観的に考えることができていました。

 

次に医療安全です。
病棟では受け持ち患者を持ち看護展開を暗中模索で行っている状態ですが、日々新しいことを経験するにあたり今の仕事をこなすことが精一杯で、振り返りが疎かになってしまうことも事実です。医療事故を防止するためにはリスク感性を向上させることが大事となっていきます。今回の講義では「してはいけないこと」「するべきこと」について事例検討や、コミュニケーションを円滑にするために自分たちは何を工夫するべきかディスカッションしました。

  

午後からは毎年恒例のカード作りを行いました。
来年度の新採用者看護師に向けて、次年度から先輩看護師となる皆さんにメッセージカードを作成してもらいました。それぞれ歓迎の言葉を込めてしたためております。

   

最後にグループワークを行いました。
今回は「来年度のチャレンジ目標について」話し合いました。それぞれ事前課題で6つのお題を出されています。それを基にグループワークでそれぞれの目標について具体的に話し合い、全体会で発表します。発表の時は各病棟の師長さんたちが来るので事実上の決意表明です。発表にも緊張が走りますね。

 

今年度最後の研修お疲れさまでした。本日はバレンタインデーです。筆者の所属している病棟の某新人ナースからスタッフに手作りクッキーの差し入れがありました(写真はスタッフが大方食べてしまったものですが…)。なんだか心がホッコリしました。ありがとう!!