令和2年度 JR札幌病院 新採用者研修始まりました

♪ 令和2年度 JR札幌病院 新採用者研修始まりました (^^

 

 41日(水)JR札幌病院で医療職のみの入社式が執り行われました。

例年でしたら、JR北海道全新入社員300名以上が一堂に会し、社員研修センターで式が行われるのですが。周知のとおり、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、今年度は残念ながら小規模で行いました。もちろん、私たち医療社員は感染対策の基礎知識があります。充分な感染対策を施し、安全に研修が進められるよう準備もしてきました。

 初日、受付の段階で体温チェック、健康状態の確認、渡航歴の確認(国家試験が終わり、羽を伸ばし海外旅行をした人がいるのでは…?と、疑い深くなり)をいきなりされてしまい、戸惑った新入社員もいたと思います。新入社員は、自前のマスクを着用し、手指消毒をし、着席しました。机の上には、研修中に使用するマスクを用意され、早速、教育担当者から感染防止についての説明を受けました。

 それから、入社式が始まり、四十防院長から、辞令交付を行いました。その後、新入社員代表が、これからJR北海道社員として、医療社員としての抱負を誓いました。

 

社員発令後、院長・事務部長の講義がありました。医療者としての心構え、医療倫理やJR北海道組織、病院組織、経営のことを学びました。新入社員は「へー、JRってこんな会社だったんだ…」と思ったはず。一緒に同席し、受講していました私も改めて、勉強になりました。その後、事務部から福利厚生・就業規則などJR北海道の社員としてみっちり、教えられました。

初日、最後の講義は「当院における防火・防災対策」で、実際にエアーストレッチャーを使用し搬送などを行いました。本番さながら、患者さん役の看護師を搬送しました。6月には春の防火訓練が待っています。すぐにでも活躍できます!若いから…。

 今日一日、お疲れ様でした。