チーム活動

看護師がチーム医療を推進するキーパーソン

 病院内外の多職種の医療メンバーが専門的知識と技術を発揮しながら、協働して医療の提供をしています。
その中でも、看護師はあらゆる場面における診療の補助の他、
患者さん・ご家族の療養上のサポートを担い、チーム医療を推進するキーパーソンとして期待されます。

チーム医療構成例

緩和ケアチーム

緩和ケアチームでは担当の専門医師・看護師のほかに社会福祉士、薬剤師、臨床心理士、栄養士、リハビリ部門が一致協力して患者さんとご家族を支援します。痛みや倦怠感などの身体的苦痛、不安・不眠などの精神的苦痛などの様々な症状をやわらげます。また、医療費や生活費など社会的な悩み等の相談もお受けいたします。

褥瘡対策チーム

皮膚科のドクターや看護師、皮膚・排泄ケア認定看護師、各病棟の褥瘡対策委員(看護師)、栄養士がチームとなり褥瘡を改善します。患者さんの体位を変えるだけでなく、薬の選択やマットレス・被覆材などの選択、栄養内容などについてもチームでカンファレンスします。また、退院後の状況を考え、ご家族にはケア方法の指導も行っています。。

糖尿病療養支援チーム

糖尿病療養指導士の資格を持つ看護師・管理栄養士・検査技師を中心に、循環器医師・内科医師や病棟・外来看護師の10数名がチームとなり、糖尿病の患者さんの病態評価を行い、適切な治療を実施します。糖尿病透析予防のための外来診療・看護・栄養指導などのシステム構築にも取り組み、患者さんとご家族の方対象の教室を始めスタッフ対象の学習会、データ集積なども行っています。

摂食嚥下チーム

言語聴覚士(ST)、日本摂食嚥下リハビリテーション学会認定士(看護師)、病棟看護師、外来看護師がチームとなり、ラウンドし、入院の患者さんの摂食嚥下機能の評価を行っております。対象者へは、個別性に配慮した摂食機能療法(リハビリ)を実施し、継続的に支援しています。その他、スタッフへ学習の機会を提供するなどの啓蒙活動を積極的に行っております。