みんなのわをつくる。

JR札幌病院の理念である
「心の通う医療」「信頼される医療」「地域社会に貢献する医療」を柱に、
私たち看護部は質の高い看護サービスを提供することが求められます。 そのためにも、様々な“わ”を大切にし、患者さんが安心して療養ができ、
自分たちにとってもやりがいのある職場づくりを目指します。

こっそり
教えちゃいます。

看護部について

患者さんの担当看護師は
1人じゃない
チームで責任を持って看護

JR札幌病院の理念である「心の通う医療」「信頼される医療」「地域社会に貢献する医療」を柱に、私たち看護部は質の高い看護サービスを提供することが求められます。そのためにも、様々な“わ”を大切にし、患者さんが安心して療養ができ、自分たちにとってもやりがいのある職場づくりを目指します。

看護部について

看護単位のご紹介(フロアマップ)

看護活動の紹介(取り組み)

看護師がチーム医療を
推進する
キーパーソン

病院内外の多職種の医療メンバーが専門的知識と技術を発揮しながら、協働して医療の提供をしています。その中でも、看護師はあらゆる場面における診療の補助の他、患者さん・ご家族の療養上のサポートを担い、チーム医療を推進するキーパーソンとして期待されます。

教育体制

環境の変化に対応できる
人材づくりを目指した
教育体制を
整えています。

看護師は、社会から期待される役割が大きな専門職。どのような期待にも対応できる人材を育てるため、新人研修を始め、院内・院外での研修をレベルに合わせて受けることのできる「継続教育システム」を用意しています。個々人の段階に合わせてレベルアップできるようにクリニカルラダーに基づいたプログラムを組むことで、着実なステップアップを目指します。

プリセプティ・
プリセプターとは?