「患者さんに寄り添う」看護を大切にし、
成長し続ける看護師に

看護部長井上 香保里

JR札幌病院は、1915年に診療を開始した後、100年以上の長い歴史の移り変わりのなかで、地域に根ざしながら多くの患者さんと共に歩んできました。私たちは長い年月の中でも変わらない看護の本質、「患者さんに寄り添う」ことを大切にし、また、社会環境や人々のニーズの変化に伴う看護への期待に柔軟に対応できる看護師でありたいと思います。

JR札幌病院看護部は地域の急性期中核病院としての役割を果たすため、人々の健康保持・増進、回復や症状緩和にかかわるチーム医療を推進するジェネラリストナースの育成を中心に、さらに専門分野で活躍できる認定看護師等の育成に取り組んでいます。

また、JR札幌病院は、地域に根ざし、地域の発展に貢献するJR北海道の企業立病院であり、看護師を続けキャリアアップする上での福利厚生も充実しています。
生涯にわたり看護師を続けていける環境を整え、皆様と一緒に魅力ある看護を提供してまいりたいと思います。

看護部の理念

患者さん、社員と
信頼関係が成立する
看護の提供をする

基本方針

患者さん、社員の心を心として
必要な時、
必要なだけ専門知識技術を
駆使して支援する。

看護体制・看護提供方式

看護提供方式

固定チームナーシング

当院における看護提供システムの基本は『固定チームナーシング』であり、各病棟の特徴に応じて、複数の看護提供システムを組み合わせて看護を提供しています。
入院患者さんの看護は受け持ち看護師が責任を持って看護させていただきます。受け持ち看護師が不在の場合は、いつでもチームメンバーが看護を行うシステムを整えています。

看護単位の紹介