JR札幌病院
〒060-0033 札幌市中央区北3条東1丁目

麻酔科

特徴・特色

手術麻酔を中心に、集中治療や緩和ケア等の幅広い分野で診療しております。

診療内容の概要

麻酔は、手術が安全に行えるように、手術中の患者さんの全身状態を維持することを最大の目的とした医療行為です。麻酔科医は、手術中の麻酔管理ばかりでなく、手術前後の患者さんの全身状態を良好に維持・管理するために細心の注意を払って診療を行う専門家です。
当院では、全身麻酔で手術を受けられる方すべてと、局所麻酔で手術を受けられる方の一部に対して、麻酔科専門医が診療にあたります。手術前に、患者さんの状態を確認し、最も安全と考えられる麻酔方法を選択します。通常は手術前日に、患者さんに直接お会いして麻酔方法の説明を行います。手術中は、患者さんの傍にいて呼吸・循環の状態を整え、適切な麻酔深度を維持します。手術が終わった後には、血圧、心拍数の安定や意識の回復を確認するのも麻酔科医の仕事です。特に、大きな侵襲の加わる大手術の手術後は、ハイケアーユニット(HCU)で引き続き診療し、術後回復をサポートしています。