JR札幌病院
〒060-0033 札幌市中央区北3条東1丁目

院内感染対策指針

I. 目的

JR札幌病院は、「JR北海道」の企業立病院として、「心の通う病院」、「信頼される医療」、「地域社会に貢献する医療」を基本理念とし、安全で質の高い医療の提供をすることを目的としております。
感染管理指針は、院内感染の発生を未然に防止すること、集団感染等、発生した感染症が拡大しないことを目的としております。

II. 院内感染対策に関する基本的な考え方

  1. 感染防止委員会(ICC)のもとに感染防止対策チームを組織し、感染リスク、感染経路に応じた適切な院内感染予防策を実施し、患者の安全と医療従事者の健康を守る。
  2. 院内感染発生事例を分析・評価し、感染対策の改善に活かす。
  3. 院内感染情報を職員が共有し、感染予防を確実に実施する。
  4. 「標準予防策」と、特定の感染経路がある疾患に対しては、「感染経路別予防策」を加えて確実に行う。
  5. 院内感染対策推進のため、学習会や講演会を開催し、セミナー等へは積極的に参加する。

III. 組織・委員会

院内感染防止対策は病院全体として取り組まなければならないため、院内感染対策推進のために以下の組織を設置しております。

  1. 感染防止委員会(Infection Control Committee:以下ICC)
  2. 感染防止チーム(Infection Control Team:以下ICT)
  3. 看護部感染対策委員会
  4. 感染防止対策部

IV. 院内感染対策のための主な活動

  1. 各部署の感染症発生の把握、アウトブレイク・その他の問題発生時に調査を行い、対応する。
  2. 感染症発生状況の把握を行い、感染防止対策の確認と助言をする。
  3. 各部署の巡回を実施し、感染対策実施状況の確認及び相談を受けると共に、ICTラウンド等のための基礎資料の作成する。
  4. 地域、他施設との情報交換・情報収集を行い、院内に注意喚起の発信を行う。

V. 院内感染対策に関する研修

院内感染対策の基本的な考え方や標準予防策、感染経路別予防策、職業感染対策等の具体策を職員に周知徹底し、院内感染対策の意識向上を図ることを目的としております。