JR札幌病院
〒060-0033 札幌市中央区北3条東1丁目
紹介患者さん用FAX
011-208-7170

主な医療設備機器

各種検査についてのご案内

※原則として、当院にて診察を行った医師が検査項目を指示させていただきます。
ただし、検査項目・情報の内容によっては、紹介元医療機関の医師から、検査項目のご指示を頂いても結構です。

SPECT/CT(アイソトープ検査装置)

SPECT/CT(アイソトープ検査装置)
メーカー GE
装置名 Discovery NM/CT 670 Q.Suite Pro
  • 先端のテクノロジーを凝縮したSPECT/CT
  • CT画像再構成に逐次近似法画像テクノロジー「ASiR」を搭載。
  • SPECT検査に加え、CT撮影も行うことにより、検査時間は短く、被ばくは少ない、しかもハイクオリティ。
検査名放射性医薬品前処置検査時間・備考
骨シンチ99mTc-HMDP
99mTc-MDP
撮影直前に排尿注射後、3時間後に撮影(30分)
骨シンチ(3フェーズ)注射時撮影(10分)、3時間後に撮影(30分)
骨シンチ(SPECT)注射後、3時間後に撮影(30分)
ガリウムシンチ(全身スキャン)67Ga①撮影前日の夜に下剤服用(下剤を処方して下さい)注射後、48時間後または72時間後に撮影(60分)
ガリウムシンチ(SPECT)②撮影前1食止め
安静心筋血流(MIBI)99mTc-MIBIなし注射後、1時間後に撮影(30分)
安静心筋血流(TF)99mTc-TFなし
安静心筋血流(タリウム)201TlCl検査前1食止め30分
薬剤(運動)負荷心筋血流(TF)99mTc-TF検査前日8:00以降、カフェイン摂取制限(1回目の負荷検査終了後はカフェイン摂取制限なし)1回目の負荷検査(約90分)
3~4時間後に、2回目の安静時検査(30分)
薬剤(Ade)負荷心筋血流(TF)
薬剤(Dob)負荷心筋血流(TF)
薬剤(運動)負荷心筋血流(タリウム)201TlCl2回目の検査終了まで食止めおよび、検査前日8:00以降、カフェイン摂取制限1回目の負荷検査(約90分)
4時間後に、2回目の安静時検査(30分)
薬剤(Ade)負荷心筋血流(タリウム)
薬剤(Dob)負荷心筋血流(タリウム)
心筋脂肪酸代謝(BMIPP)123I-BMIPP検査前1食止め(※食事から3時間以上経過している場合は、食止め不要)注射後、30分後に撮影(15~20分)
心筋交感神経(MIBG)123I-MIBGなし1回目の撮影(60分)、4時間後に2回目の撮影(60分)
甲状腺シンチ(テクネチウム)99mTcO4-なし30分
甲状腺シンチ(タリウム)201TlCl1回目の撮影(30分)、2時間後に2回目の撮影(30分)
甲状腺シンチ(テクネチウム+タリウム)99mTcO4-,201TlCl1回目の撮影(30分)、2時間後に2回目の撮影(45分)
副甲状腺シンチ(MIBI)99mTc-MIBIなし1回目の撮影(30分)、2時間後に2回目の撮影(30分)
肝胆道シンチ99mTc-PMT検査前1食止め1回目の撮影(60分)、食後に2回目の撮影(10分)
腸管への排泄が見られない場合は、24時間後に追加撮影(10分)
肝予備能(GSA)99mTc-GSAなし60分
肺血流シンチ99mTc-MAAなし30分
腎動態シンチ(MAG3)99mTc-MAG3なし30分
利尿レノグラフィ(MAG3)なし60分
副腎髄質シンチ(ミオI123-MIBG)123I-MIBGなし注射後、6時間後に撮影(60分)、24時間後に撮影(約60分)
消化管出血シンチ99mTc-RBC1回目の検査前1食止め1回目の撮影(60分)、3時間後・5時間後・24時間後に撮影(10分)
メッケル憩室シンチ99mTcO4-1回目の検査前1食止め1回目の撮影(60分)、3時間後・5時間後に撮影(10分)
異所性胃粘膜シンチ
骨髄シンチ(塩化インジウム)111InClなし注射後、48時間後に撮影(60分)
唾液腺シンチ(動態)99mTcO4-検査前1食止め60分
唾液腺シンチ(腫瘍)

CT エックス線コンピュータ断層

主な検査の所要時間(検査室に入室してから出るまで)

  • 単純CT 約5分
  • 造影CT 約7分
  • 単純+造影CT 約10分
 

特殊画像処理

  • 3-D表示(解離性大動脈瘤など)
  • 再構築画像(コロナル像・サジタル像・及び任意面の画像の再構築)
  • 心臓CT
  • デンタルスキャン(歯科口腔外科・インプラント用)
 

造影CTを受けるに当たって

服用中のお薬について:医師から指示がない限り、通常通り服用してください。

次に該当する方は、必ず事前にお知らせください

  • 過去に造影剤を使用した検査で気分が悪くなった。
  • 喘息・アレルギーがある。
  • 妊娠している、または妊娠の可能性がある。

MRI

MRI検査を受けるときの注意

MRIで使われる磁石や電波は、普通の場合は人体への影響はありません。 ただし次のような方は検査を受けられないことがありますのでご相談ください。
  • 心臓ペースメーカを装着している方
  • 脳動脈瘤の手術などで頭蓋内にクリップのある方
  • 以前に外科手術なを受け体内にクリップ・人工関節等の金属を埋め込んでいる方
  • 妊娠または妊娠の可能性のある方
  • 閉所恐怖症など、狭いところが苦手な方
※造影検査:喘息の既往のある方、アレルギー体質かどうかご確認ください。 状態によって造影検査できない場合があります。事前に必ずお知らせください~  

MRI検査前の準備

次のものは故障したり、検査に影響したりすることがあります。 検査前に身につけたり持ち込んだりできません。
  • 金属類:時計・めがね・ライター・ヘアピン・アクセサリー類
  • 磁気カード:キャシュカード・テレホンカード・クレジットカード・ウイズユーカード・診療カードなど
  • その他:入れ歯・補聴器・ホッカイロ・ベルト・エレキバンなど
  • 化粧品:アイシャドウ等のなかには金属を含んでいるものがあります。検査前に落としておいてください。
  • 着替え:所定の検査衣に着替えてから、検査室に入ります。
 

検査時間

検査部位・目的によって異なります。10分から30分程度かかります。事前に、ご確認ください。

DEXA

検査部位

  • 腰椎正面(L2・L3・L4)
  • 前腕骨
  • 大腿骨(股関節)
  • その他

検査部位

  • 体積骨密度BMDの算出(g/cm3)
  • 日本人のノーマルデータとの比較。(Tスコア・Zスコア)
  • 測定データは永久保存され次回の検査の時比較します。