JR札幌病院
〒060-0033 札幌市中央区北3条東1丁目

入院のご案内

手術を受けられる患者様

手術を安全に受けていただくために、細心の注意をはらい病院スタッフで取り組んでおります。 さらなる安全性を高めるため、患者様にもご協力いただくようお願いいたします。手術前に患者様に確認していただきたいことを、ご紹介いたします。

感染症の採血に伴う承諾書

手術を受けられる方は、感染症採血検査の承諾書にサインをいただきます。詳細は別紙にて各外来・または病棟で説明いたします。

麻酔科診察

手術前日の午前10:00以降より、順次診察いたします。そのため、手術前日に入院される方は午前9:00~午前9:30までに入院受付へいらしてください。 ※但し、担当医から来院時間の指定がある場合は、担当医の指定した時間までに来院してください。

入院前に準備していただくこと

  • マニュキュア・ペディキュアは落としてください。 透明なマニュキュアも落としてください。
  • 付け爪(ネイルアート、ジェルネイル等)は、はずしてください。
  • 爪は患者様の呼吸状態や、種々の身体状態を知る大切な観察部位となります。 (付け爪やマニュキュア・ペディキュアは観察の支障となります。)
  • 付けまつげ、まつげエクステは取ってください。手術中は眼の乾燥を防ぐため、眼を閉じるようにテープで止めます。 そのため、付けまつげやまつげのエクステが支障となり事故につながりますのでご協力ください。
入院前の準備 ・付け爪をはずす(ネイルアート・ジェルネイル) ・マニキュア・ペディキュアを落とす ・まつげエクステをはずす ・付けまつげをはずす ・禁煙
手術前日 ・ひげ剃り ・爪きりをする
手術室入室前 ・化粧を落とす ・入れ歯、外れるブリッチをはずす ・眼鏡、コンタクトレンズをはずす ・かつら、ヘアピースをはずす ・貴金属類をはずす(指輪、ピアス、時計など)

禁煙

手術前の禁煙は、術中・術後の合併症の頻度が少なくなります。 心臓の合併症予防には、最低3日程度 肺炎予防は最低4~8週間程度の禁煙が必要とされています。 また喫煙は傷の治りも悪くします。 ぜひ、手術を機会に禁煙されることをお勧めします。

はずれる歯(入れ歯、ブリッチ)

全身麻酔で行なう手術は、呼吸管理のため、口から気管へ管を入れます。 グラグラする歯や入れ歯・ブリッチが入ったままですと、抜けたり外れたりして、気管に詰まる危険性があります。必ず、麻酔科医・看護師にお知らせください。

ヘアピース・かつら

金属で留める物は、電気メスのやけどを防ぐために外していただきます。 金属を使用していないかつらでも、手術に必要な姿勢をとるため、身体を動かす時に頭を支えていた手がずれることで、頭部・頭皮・頚部をいためる可能性があります。入院時に看護師へお知らせください。 長い髪の方は束ねるゴムをご用意ください。

眼鏡・コンタクト

手術中は眼の乾燥を防ぐため、眼を閉じるようにテープで止めます。 手術室入室前に眼鏡・コンタクトレンズは、外していただきます。

化粧(ファンデーション、アイシャドウ、口紅、頬紅、リップクリーム)

手術中の観察では皮膚色や口唇の色を観察します。呼吸状態や循環状態など、種々の身体状態を知る大切な観察部位となります。手術室入室前に全て落としてください。 肌色を調整する化粧品(BBクリーム、うすづきのファンデーション、パウダー類)もご遠慮ください。

貴金属

指輪、ネックレス、ピアス、イヤリング、腕時計、ブレスレット、ベルトは手術前にはずしてください。 電気メスを使用するときに、貴金属類を身につけていると、火傷することがあります。 指輪が抜けない場合は、入院前に貴金属店で切断(有料)してください。

清潔

手術前に爪きり、髭剃り、入浴を済ませ清潔にしておきましょう。